同窓会概要
名電高校思い出
同窓会の広場
カウンター
今日 : 110110110
昨日 : 160160160
総計 : 222766222766222766222766222766222766

沿 革


 
 
1912年
(明治45年)
(大正元年)
7月 名古屋電気学講習所の建設を発表。創立者は後藤喬三郎。名古屋市中区岩井町の家屋を利用。
9月 名古屋電気学講習所が、名古屋市中区矢場町五の切の2階家を借用して授業開始。
応募者が多く、建設予定地を急きょ変更した。
12月 私立名古屋電気学校の設置認可。校主は後藤喬三郎。
1913年
(大正02年)
4月 修業年限3年に学則を改正、昼間部・夜間部設置。
校友会誌第1号刊行。
9月 第1回卒業式(夜間部38名)。
10月 校旗制定(伊藤呉服店<現在の松坂屋>が調製)。
1914年
(大正03年)
1月 電友会が発足。
4月 生徒制服規程を実施。
1915年
(大正04年)
9月 本科の上に修業年限6ヵ月の高等科を設置。
1916年
(大正05年)
6月 名古屋市中区新栄町3-3にあった旧通信講習所の敷地と校舎を購入、矢場町五の切より移転。
10月 名古屋電気学校校友会設立。 
1918年
(大正07年)
5月 校友会誌を廃刊し、校報第1号刊行。 
1919年
(大正08年)
1月 校報第3号を改め、月刊「エレキ」第1巻第1号刊行。 
1920年
(大正09年)
1月 私立名古屋電気学校を名古屋電気学校と名称変更。 
1942年
(大正13年)
12月 第6巻第12号で月刊「エレキ」を廃刊。 
1925年
(大正14年)
1月 創立者で校長の後藤喬三郎死亡(30日)。嗣子・後藤鉀二が継承。 
1930年
(昭和05年)
4月 クラブ活動がスタートし、卓球部を創設。順次、各部を創設。 
1933年
(昭和08年)
5月 名古屋市千種区若水1-18に土地を購入、運動場に。 
1937年
(昭和12年)
1月 卓球部、全国中等学校対抗卓球大会で優勝。 
4月 千種区若水町の運動場内に昼間部が移転。
1940年
(昭和15年)
11月 若水校地内で創立者・後藤喬三郎の胸像除幕式(3日)。
1941年
(昭和16年)
3月 愛知県知事から、青年学校の課程と同等以上と認定される。
1945年
(昭和20年)
3月 新栄町校舎が爆撃で焼失、夜間部は若水校舎で授業再開。若水校舎にも焼夷弾が落下したが、 後藤鉀二校長や宿直教員、当直生徒らの活躍で焼失を免れる。
8月 食料難のため、短縮授業を開始。
1949年
(昭和24年)
2月 財団法人後藤学園設立の文部大臣認可。
4月 若水校地内に名古屋電気高等学校を開校。通常課程・電気科のほか、修業年限1年の別科を置く。
後藤鉀二高等学校長(初代)就任。
12月 名古屋電気学校廃止。
1950年
(昭和25年)
4月 定時制課程に電気科設置。
6月 若水校地西隣の陸軍造兵廠跡地を購入、運動場に。
1951年
(昭和26年)
3月 財団法人後藤学園を学校法人名古屋電気学園に組織変更。
名古屋電気高等学校第1回卒業式。
名古屋電気学校同窓会を名古屋電気学園同窓会と改称。
1952年
(昭和27年)
3月 若水校地西隣の土地を購入。順次、隣接地を購入。
6月 通産省告示で電気事業主任技術者資格検定規則による学校と認定。
1953年
(昭和28年)
4月 木造瓦葺き2階建校舎(延べ402平方メートル)新築。
文部省より高校産業教育研究指定校に指定される
テーマ「中小事業場における電力使用の合理化」
1954年
(昭和29年)
2月 名古屋電気学園歌作成。
1955年
(昭和30年)
5月 体育館が完成。
1956年
(昭和31年)
4月 通常・定時制課程に電気通信科設置。
1957年
(昭和32年)
2月 本校初、鉄筋コンクリート4階建ての西実習館が完成。
1958年
(昭和33年)
3月 第1南館(RC、陸屋根4階建、延べ1,255平方メートル)完工。
10月 第2南館(RC、陸屋根4階建、延べ2,461平方メートル)完工。南館(第1・第2)延べ3,716平方メートルとなる。
1959年
(昭和34年)
4月 通常・定時制課程に機械科設置。
11月 中実習館が完成。
1960年
(昭和35年)
4月 名古屋電気高等学校を名古屋電気工業高等学校と名称変更。電気通信科を電子科と名称変更。
岩井広一高等学校長(第2代)就任。
1962年
(昭和37年)
4月 通常課程に普通科設置。
5月 同報無線局開局認可。
6月 名古屋市・金山体育館で学園創立50周年式典(1日)。
8月 名古屋市内の高校生で組織する名古屋吹奏楽団が、親善のため米・ロサンゼルス市に派遣される。
1963年
(昭和38年)
4月 高橋時三高等学校長(第3代)就任。
1964年
(昭和39年)
4月 東館が完成、生徒3,000名収容態勢が整う。
後藤鉀二高等学校長(第4代)就任。
5月 後藤鉀二理事長が藍綬褒章受賞。
1965年
(昭和40年)
6月 鉄筋コンクリート4階建ての愛和会館が完成。
9月 後藤淳高等学校長(第5代)就任。
1969年
(昭和44年)
4月 共学化で、普通科に始めて女子生徒が8名入学。
1970年
(昭和45年)
4月 第2体育館(RC、折板葺き4階建、延べ1,516平方メートル)完工。相撲・重量挙・柔道・剣道・バレー部の各部が使用。
1971年
(昭和46年)
1月 理事長・学長の後藤鉀二が中国を訪問して周恩来首相と会談。
12月 学園広報第1号刊行。
1972年
(昭和47年)
1月 後藤鉀二死去(22日)正四位・勲二等瑞宝章を受ける。
2月 覚王山日泰寺で名古屋電気学園・日本卓球協会合同葬(2日)。
後藤淳、理事長・学長(第2代)に就任。
11月 愛知県体育館で学園創立60周年記念式典。
若水校地内で前理事長・後藤鉀二の胸像除幕式。
1973年
(昭和48年)
3月 八千草台に前学長・後藤鉀二の胸像除幕式。
1975年
(昭和50年)
3月 定時制課程を廃止。 
1976年
(昭和51年)
4月 名古屋電気工業高等学校を名古屋電気学校と名称変更。
1977年
(昭和52年)
3月 春日井市熊野町に総合運動場が完成。 
1978年
(昭和53年)
7月 鉄筋コンクリ-ト折板葺き4階建ての研修所・御岳山の家が完成。
1979年
(昭和54年)
1月 後藤鉀ニ先生奨学記念会設立。
1981年
(昭和56年)
7月 北実習館が完成。
1983年
(昭和58年)
4月 名古屋電気高等学校を愛知工業大学名電高等学校と名称変更。
1984年
(昭和59年)
4月 長尾正男高等学校長(第6代)就任。
6月 理事長・後藤淳が藍綬褒章受賞。
1987年
(昭和62年)
5月 総合運動場に合宿所が完成。
1988年
(昭和63年)
4月 猪飼彰高等学校長(第7代)就任。
1989年
(平成元年)
4月 前学園長を顕彰し「後藤すゞ子先生奨学記念会」設立。
5月 若水校地北側の名古屋市千種区北千種に、温水プール、テニスコート、トレーニングルー ムを備えた瑞若体育センターが完成。
1991年
(平成03年)
4月 竹松英夫高等学校長(第8代)就任。
11月 理事長・後藤淳に中国・江蘇省人民政府から名誉省民の称号。
1992年
(平成04年)
4月 普通科を男女共学科し、新たな制服も制定           
11月 大学・愛知会館で学園創立80周年記念式典挙行。
1993年
(平成05年)
4月 白井正己高等学校長(第9代)就任。
1996年
(平成08年)
4月 野牧一雄高等学校長(第10代)就任。
1997年
(平成09年)
7月 学園・設置校を支援する「学校法人名古屋電気学園愛名会」が名古屋国際ホテルで設置総会を開き発足。
1999年
(平成11年)
4月 渡邊彪高等学校長(第11代)就任。
2000年
(平成12年)
3月 校舎新築のため、旧県立大学校舎に普通科移転 。
2001年
(平成13年)
8月 北校舎完成15,000㎡。
2002年
(平成14年)
4月 専門学科を男女共学化、情報科学科を設置。
9月 武道場完成。
11月 名古屋市西区のホテル・ウェスティンナゴヤキャッスルで創立90周年記念式典。
ノーベル化学賞受賞(2001年)野依良治名大大学院教授が特別講演(14日)。
2004年
(平成16年)
4月 桜井正一高等学校長(第12代)就任。
2007年
(平成19年)
4月 専門学科を改編し、高大連携教育を目指す2つの科  「科学技術科・情報科学科」を開設。
2008年
(平成20年)
4月 佐藤忍高等学校長(第13代)就任。
2012年
(平成24年)
10月 創立100周年記念館「淳和(じゅんな)記念館」完工。
創立100周年記念コンサート開催(名古屋フィルハーモニー交響楽団・名電高校吹奏楽部)
11月 創立100周年記念式典挙行。
2013年
(平成25年)
4月 久保芳孝高等学校長(第14代)就任。
8月 第10代高等学校長を勤められた野牧一雄名誉理事死去(8日)
10月 野牧一雄先生のお別れの会が淳和記念館にて開催されました。(27日)
11月 同窓会役員とクラス幹事(平成15年~平成25年)との交流会開催
2014年
(平成26年)
2月 同窓会入会式
5月 葛谷捷臣同窓会会長就任
11月 日中友好演奏旅行参加者座談会実施
11月 同窓会役員とクラス幹事(平成15年~平成26年)との交流会開催
2015年
(平成27年)
2月 同窓会入会式
6月 同窓会役員総会開催
11月 情報科学科一期生座談会実施
2016年
(平成28年)
2月 同窓会役員とクラス幹事(平成15年~平成27年)との交流会開催
2月 同窓会入会式
4月 岩間博高等学校長(第15代)就任。
5月 永井広明同窓会会長就任
11月 ホームカミングディ開催
11月 同窓会役員とクラス幹事(平成15年~平成28年)との交流会開催
プリンタ用画面
友達に伝える
前
会則
カテゴリートップ
同窓会概要
次
歴代校長

Powered by 愛知工業大学名電高等学校同窓会(C) 2011